ミラクル構法とは

ミラクル構法とは
商品ラインナップ
業務提携会社のご案内
設計事例のご紹介
お問い合わせ
ミラクルニュース
 

 

 
特長(メリット)
  既存の建物を解体せずに工事を行う「 みらい再生工法」では、工事期間中も住みながら営業しながらの施工が可能です。
 
 
既存の建物の改修を行う場合も「みらい再生工法」なら完成した増築階に荷物等を移動できるメリットがあります。つまり、仮住まいや移転のための土地がなくても増改築が行えるのです。
  強度不足の建物も「みらい再生工法」による再生が可能です。耐震強度を満たす部分まで解体し、強度を確保した上で「 みらい再生工法」により新たに上に増築します。既存の建物は基礎への荷重が減り、新たに増築する建物は別構造体で建てられるため、負荷がかかりません。→減築 タイプ
  【減築工法による施工手順】
 
 
 
エレベーターがなく階段での上り下りを余儀なくされている様な建物でも、各フロアに共用廊下を設け、お部屋からエレベーターまでをバリアフリーにすることが可能です。→完全バリアフリータイプ
 
共用廊下とエレベーターを増築
  「みらい再生工法」は増築部分が別構造体になり、荷重計算の上での施工になりますので、屋上緑化ももちろん可能です。
 
 
たとえば、学校なら生徒たちが自然と触れ合える菜園を設け食育教育を採り入れたり、マンションなら住民のレンタル菜園として活用することができます。
屋上菜園で育てた野菜
屋上は日当たりが良いので、実や葉も豊富に実ります。
 
 
臭い・騒音等で周囲への影響が懸念される工場、入院患者を動かすことができない病院…といった建物が、建て替えの場合の移転先を探すのは困難です。こういった問題にも、「 みらい再生工法」が解決。移転しなくても建物の改修が可能になります。→ローリング タイプ
作業中の工場内
周囲への環境や、大きな設備等の移動を考えると、仮移転先を探すのは困難です。
ミラクル構法とは(戸建て編)
古くなった我が家を住みながらにして「増築」+「リフォーム」
  既存の建物の上部に増築する「みらい再生工法」は、これまで建築基準法上できなかった垂直方向への「増築」に「リフォーム」を加えるという発想から生まれた全く新しいプランです。
施工手順
 
様々なケースにも対応可能
 
 
左右に空きが70cm以上満たさない場合
宅密集地で既設建物と隣地との空きが狭小な場合、建物の幅に合わせて、前と後ろの位置に柱を建てます。
 
 
左右に空きが70cm以上満たさない場合
同様に工事を進めていきます。
完成した姿が左の写真ですが、ご覧の通り隣の壁との間が狭い横の壁は空いていますが、実際には前から見るとほとんど見えません。また塀などでデザイン的に隠すことも出来ます。
 
  このように一般的敷地、隣との空きが狭い敷地など全てにわたり対応できます。その他、二重壁外断熱工法、合わせて考慮された換気設備の採用により、超省エネ効果が期待できます。また結露防止、ダニ、カビ発生の防止により、アトピー性皮膚炎や喘息などの防止など健康的にも優れた性能を発揮します。
 
  立面図による施工前後の比較
 
 
拡大してもっと詳しく見る
 
 

賃貸住宅オーナー様へ
入居者が住んだまま、既設建物の上に新築マンションができる

「みらい再生工法・上部増築タイプ」をご存知ですか?

 

【メリット7】
.入居したまま工事が行える
.工事期間中も家賃が途絶えない
.仮移転のために新たに土地を購入する必要がない
.解体が少なく産業廃棄物を出さない環境型工法
.新たな壁が2重壁外断熱効果を生み遮音、断熱性向上
.エレベーターや屋上庭園・菜園が簡単に設置OK
 
 
4階建て賃貸マンションを7階建て(ワンルーム17戸)増築&リノベーション
【建築概要】
●施主/不動産関連会社様
●建築地/大阪府吹田市(築31年)
●敷地面積/457.86m2/
●増築面積/691.59m2
●延床面積/1,573.56m2
●階数/地上7階建
●構造/RC造(既設)+S造(増築)
●施工期間/平成16年9月〜平成17年3月中旬
 
 
 
 
  階段室型と呼ばれる30年〜40年前に多く建てられたエレベーターの無い3〜5階建て集合住宅を、入居したまま増築しエレベータ−等を搭載し完全バリアフリー化が出来る唯一のシステム。
   
home 会社情報 このサイトについて  
Copyright 2004 Miracle3 Corporation All Rights Reserved.